missdesign
Posted in ヘルペス

ヘルペスの感染経路

ウイルスによる感染では、3つの感染経路が確認されています。直接触れることで感染する「接触感染」、感染した人のつばなどが咳やくしゃみ、会話の拍子に空気中に拡散し、その拡散した粒子(飛沫)を取り込むことで感染する「飛沫感染」、感染した人から排出されたウイルスが、空気中を長時間・長距離を移動して感染する「空気感染」です。飛沫感染では、飛沫が拡散する距離として、おおよそ感染している人の半径2mが感染範囲となります。空気感染では距離の区切りがなく、特に密閉された空間では感染する危険性が高くなります。一定数以上のウイルスを取り込むことによって感染が成立するため、飛沫感染・空気感染を起こすウイルスだとしても、ウイルスの取り込む量が少なければ感染は成立しません。 単純ヘルペスウイルスでは、主な感染経路は接触感染です。疱疹などの皮膚症状に直接触れることで感染しますが、タオルの共用などの間接的な接触でも感染することが判明しています。また、疱疹が出ている状態では飛沫感染も感染経路として認められるため、発症している人の近くにいるだけで感染してしまう可能性があります。ただし、角膜ヘルペスの場合には、部位の特徴として直接接触する可能性が低いため、感染することはあまりありません。 水痘帯状疱疹ウイルスの主な感染経路は接触感染ですが、空気感染もするために、同じ空間にいるだけで感染する可能性があります。空気中を漂う水痘帯状疱疹ウイルスを一定数吸い込んでしまうことで感染が成立するため、予防する手段は基本的にありません。そのため、ワクチンを接種してあらかじめ抗体を体内に用意しておき、感染を予防する必要があります。もし感染したとしても、ワクチンを接種していれば病状は軽度で済みます。 同じウイルスを原因とする帯状疱疹の感染経路は、接触感染となっています。空気感染するのは水ぼうそうとなっている状態であり、再発によって起きる帯状疱疹ではウイルスの感染力が低下しており、空気感染はしません。例外としてHIVの感染によって免疫不全となっている場合には、空気感染する可能性は残っています。基本的に感染経路は接触感染となるため、疱疹に直接触れることで感染してしまい、タオルの共用などでも感染する可能性があります。水ぼうそうに感染したことがある、もしくはワクチンを接種しているのであれば、すでにウイルスは体内に潜伏しているので、新たに感染・発症するおそれはありません。

missdesign
Posted in ヘルペス

ヘルペスの再発

ヘルペスは症状が改善した後でも、体力の低下や精神的ストレスによって免疫力が低下した時に、再発することが知られています。症状が改善したとしても体内からウイルスが完全に除去されることはなく、神経節の中に潜伏して機会があれば顕在化してきます。 この再発は、個人の体質によって高頻度で起きることもあれば、全く起きないこともあります。再発する場合には、以前に発症した部位と同じ部位に疱疹が出ます。なぜ同じ部位に疱疹が出るのか、機序や原因は不明です。 口唇ヘルペスの場合、初回の症状が最も重く、再発を繰り返すことに軽度になるとされています。年齢が高くなることで再発しにくくなっていきます。この特徴は単純ヘルペスウイルス1型に多いものです。 性器ヘルペスの場合、再発だとしても症状が重くなることもあり、痛みも強くなりやすいものです。口唇ヘルペスに比べて再発頻度も高いため、状態をコントロールすることが非常に困難です。年齢が高くなれば再発頻度は徐々に低下していき、最終的には再発しなくなります。こういった症状を特徴とするのは、単純ヘルペスウイルス2型に多いものです。 角膜ヘルペスでは、表面に出るのか深部に出るのかで、大きく状態は異なります。どちらにせよ、何度も再発を繰り返すことが知られており、治療を止めると再発する難治症例も存在します。 水ぼうそうの場合、一度発症すると同じ症状での再発はありません。水痘帯状疱疹ウイルスが再発する時には、帯状疱疹として発症します。帯状疱疹が発症する原因もその他のヘルペスと同じく、体力低下や精神的なストレスなどによって免疫力が低下した時に発症します。 帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスによる水ぼうそうの再発ではありますが、水ぼうそうとは起きる症状が異なります。潜んでいた神経節に対応する部位に疱疹が発生し、その疱疹は神経の流れに沿って発生します。知覚神経がある部分であればどこにでも発生しますが、特に頭部にある三叉神経や背中から胸・腹にかけて走っている胸髄神経節に良く発生します。帯状疱疹は一般的に、一度発症すると再発はしないとされていますが、ごくまれに再発する例もあります。

missdesign
Posted in ヘルペス

ヘルペスの潜伏期間

初めて症状が起きるまでを潜伏期間とするのなら、単純ヘルペスウイルスの潜伏期間は簡単には定められないものです。 口唇ヘルペスや性器ヘルペス、角膜ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスは、初感染時には無症状で収束してしまうことが多いため、感染してからどの程度の期間で発症するかは個人の体質による部分が大きいものです。 体力の低下や精神的ストレスによって免疫力が低下していると発症しやすく、健康な状態では感染しても無症状となることが多くなっています。一度でも感染するとキャリアとなってしまうため、初感染時に無症状でも再発して症状が起きることがあります。感染性を持つ状態になるまでを潜伏期間とするのであれば、一般的には感染から2~21日で水ぶくれや痛みなどの症状が起きるため、最短で2日程度だといえるでしょう。 水ぼうそうや帯状疱疹を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスの場合、その潜伏期間は2~3週間となっています。感染しやすいのは小児期ですが、成人してからでも感染する可能性はあります。 潜伏期間の後に徐々に小さな水ぶくれができはじめ、徐々に全身に広がります。成人の場合は高い発熱や全身倦怠感が先行して発生し、その後に水ぶくれが徐々に全身に広がります。 水痘帯状疱疹ウイルスも単純ヘルペスウイルスと同様に、状態が改善してもウイルスは神経節に残り続けるため、体力の低下や精神的なストレスなどによって免疫力が低下すると再活性化し、症状が再発することがあります。 また、この水痘帯状疱疹ウイルスの再発では、水ぼうそうのような症状が出ることは稀で、再発の場合には帯状疱疹として顕在化します。その性質上、帯状疱疹には潜伏期間と判断できる期間は存在しません。帯状疱疹から水痘帯状疱疹ウイルスに感染した場合、まずは水ぼうそうとして症状が起きてくるため、あえて言うのなら潜伏期間は2~3週間と言えるでしょう。

missdesign
Posted in ヘルペス

ヘルペスの症状

ヘルペスの主な症状は、発熱を伴って疱疹が皮膚に発生することです。この疱疹が発生する部位によって名称が変わり、口唇にできれば口唇ヘルペス、性器にできれば性器ヘルペスとなります。 発熱が起きないことも多いものですが、すべてにおいて痛みを伴う疱疹が発生します。単純ヘルペスである場合には、部位に限定して発症しますが、水痘帯状疱疹ウイルスが原因の水ぼうそうでは、症状は全身に及びます。 口唇ヘルペスでは、初回の発症時がもっとも症状が重度になります。発熱を伴うことも多いため、強い倦怠感が出ることもあります。初めは皮膚の違和感から症状が始まり、徐々に小さな湿疹が生まれ、その湿疹が徐々に水ぶくれ状の疱疹となります。症状が改善するとともに疱疹がかさぶたで覆われ、感染性も消えていきます。 性器ヘルペスも同様に、性器部分に皮膚の違和感が生まれ、小さな湿疹から始まって、徐々に大きな水ぶくれ状の疱疹となります。再発でも症状が強いままであることも多いため、毎回きちんと治療しなければ疱疹の痕が残ることもあります。治療によってすぐに改善するものではありますが、何度も再発するために患者の精神的なストレスは非常に大きなものとなります。 角膜ヘルペスも単純ヘルぺスではあるのですが、皮膚ではなく角膜という粘膜に発生している症状であるため、他の単純ヘルペスとは異なります。明確な疱疹がみられることはなくても、目の痛み、ごろごろ感、涙目などの症状があり、進行することで水晶体の濁りがうまれて視力が低下し、最悪の場合は失明することもあります。再発しやすいものであるため、目の感染症の中ではもっとも注意しなければいけない疾患となっています。 水ぼうそうの症状は、発熱を伴って疱疹が全身に発生します。初めは小さな湿疹から始まり、徐々に疱疹となっていきます。痛みよりも痒みが発生しやすいものですが、小児の場合には軽度で改善する場合がほとんどです。成人になってから発症した場合には、非常に高い発熱を伴い、重症化しやすいものです。妊娠中に感染してしまえば、胎児に奇形が発生してしまうことがあります。出産間近の感染では、母体から新生児に感染する垂直感染も起こり、新生児死亡の原因にもなってしまいます。 水ぼうそうが再発する際には、帯状疱疹として顕在化します。 帯状疱疹では、神経節に潜伏していた水痘帯状疱疹ウイルスが原因となるため、知覚神経がある場所であればどこにでも発症する可能性があります。神経に沿って疱疹が発生し、神経が障害されてしまうことで痛みやしびれを伴います。症状が進行すると発熱が起きることもあり、治療を行わなければ重症化してしまうことになるでしょう。

missdesign
Posted in ヘルペス

ヘルペスの原因

ヘルペスが起きる原因は、単純ヘルペスウイルスへの感染です。感染する部位によって単純ヘルペスウイルスの型は異なり、口唇ヘルペスの場合には1型、性器ヘルペスの場合には2型が主な原因ウイルスとなっています。ただし、近年はオーラルセックスなどを行う場合も増えているため、2型が口唇に感染、もしくは1型が性器に感染するという例も多くなっています。また、水ぶくれとなった部位は皮膚の防御能力が低下しており、免疫力の低下も相まって、他の細菌などとの重複感染を起こす可能性もあります。 単純ヘルペスウイルスに感染していても、必ず発症するわけではありません。発症するかどうかは、免疫力がきちんと発揮できているかどうかによって決まります。健康な状態であれば、免疫力が十分に発揮されているために感染しても無症状となる場合がほとんどです。 単純ヘルペスウイルスに一度でも感染すると、症状が治まってもウイルスが消滅することはありません。感染部位に通っている神経から神経節に潜伏し、休眠状態で体内に残り続けます。疲労や風邪などで心身が弱っている時、生理などでホルモンバランスが乱れた時、免疫力の低下とともに単純ヘルペスウイルスは神経節から再活性化して顕在化し、再発してしまいます。 感染経路は接触感染が主なものですが、唾液を介しても感染します。単純ヘルペスウイルスに感染している人との接触、例えば性行やキスなどの直接的な接触以外にも、唾液のついた手からの感染の可能性もあります。症状が出ている時には、タオルの共用などの間接的な接触で感染する例も報告されています。単純ヘルペスウイルスに感染していても無症状の人もいますが、無症状でもウイルスの排出が行われており、直接接触では感染してしまいます。 成人50%以上の人が単純ヘルペスウイルスに感染していると考えられます。感染力が強いために、現状ではヘルペスウイルスを封じ込める手段はありません。ワクチンなどの予防方法は確立されておらず、今のところ感染を止める手立ては接触しないことに尽きます。コンドームを使用したとしても、感染部位が広範囲に及んでいる場合には感染してしまいます。昨今は性行為による若年層の感染がどんどん広がっており、ヘルペスウイルスは世界的に拡大を続けています。

missdesign
Posted in ヘルペス

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは単純ヘルペスに分類される皮膚疾患で、単純ヘルペスウイルスを原因としています。チクチクとした痛みを伴う小さな水ぶくれが性器やその周りに発生することを主症状としており、初感染時の症状が最も重度になりやすいものです。ただし、感染しても無症状のままに終わる人が70%~80%となっています。発症時には性器周辺の違和感から始まり、感染から2日~21日で複数の水ぶくれが出始めます。非常に強い痛み・発熱や強い倦怠感などを伴って、女性の場合には排尿困難などが起きることもあります。治療をしていない場合、体力の回復とともに2週間~4週間で症状が緩和します。 単純ヘルペスウイルスは一度感染すると、症状が落ち着いても神経内部に潜伏して、消えることはありません。そのため、一度症状が落ち着いても何度も再発してしまうという特徴があります。風邪や生理など、心身ともに疲労がたまった時に免疫力が低下してしまい、再発しやすくなります。また、性行為などの直接的な刺激でも再発する可能性があります。再発する時には、初感染時に水ぶくれができた部位と同じ部位に水ぶくれが発生しますが、そのメカニズムは不明です。年齢が高くなるごとに、再発しにくくなっていきます。 性器ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスは、その多くが2型です。単純ヘルペスウイルス2型は、主に下半身に感染しやすいという特徴を持っており、初感染で発症した場合には重症化しやすくなりますが、再発でも悪化してしまう可能性があります。再発頻度は1型に比べて高く、体質によって大きく変わる部分ではありますが、ほとんどの人が再発を経験します。近年は感染部位によるウイルス型の違いが少なくなっており、性器ヘルペスの場合でも40%程度は1型となっています。 性器ヘルペスの感染経路は、主に接触感染となります。思春期以降の人が感染する場合は、発症している人との性行為による感染ですが、幼少期には家族との会話や咳などによって唾液を介しても感染してしまいます。感染力が非常に強く、感染部位が広い場合には、コンドームなどでも感染を防ぐことができません。 性器ヘルペスの治療は、静脈注射・内服薬による治療か、外用薬による治療を行います。どちらの治療もウイルスの増殖を抑制するものであるため、症状は改善させることはできても、ウイルスを除去する効果はありません。症状が重度の場合にはゾビラックスの内服・静脈注射による治療が第1選択となりますが、再発時などの症状が軽度の場合には外用薬(ゾビラックス軟膏・アラセナ軟膏)が選択されます。女性の場合、初感染時には排尿困難・歩行困難となることもあり、入院が必要になる場合もあります。

missdesign
Posted in ヘルペス

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスは単純ヘルペスに分類される皮膚疾患で、単純ヘルペスウイルスを原因としています。チクチクとした痛みを伴う小さな水ぶくれが口唇の周りに発生することを主症状としており、初感染時の症状が最も重度になりやすいため、状態によっては皮膚科での治療が必要となります。 ただし、初感染時には発症しないことが大半です。発症する場合には皮膚の違和感から始まり、感染から3日程度で痛み・発熱などを伴って水ぶくれが起き、体力の回復とともに2週間程度で緩和していきます。 単純ヘルペスウイルスは一度感染すると、症状が落ち着いても神経内部に潜伏して、消えることはありません。そのため、一度症状が落ち着いても何度も再発してしまうという特徴があります。風邪や過労、または季節の変わり目など、体力が低下している状況になると免疫力が低下してしまい、再発しやすくなります。女性の場合には、生理周期に伴ってホルモンバランスが乱れ、再発の原因となる例も存在します。 口唇ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルスは、その多くが1型です。単純ヘルペスウイルス1型は、主に上半身に感染しやすいという特徴を持っており、初感染で発症した場合には重症化しやすくなりますが、再発では症状が軽度になる傾向にあります。再発頻度はあまり高くないとされていますが、体質によって大きく変わる部分であり、毎月のように再発する人もいれば、全く再発しない人もいます。 口唇ヘルペスの感染経路は、主に接触感染となります。発症している人との接触があれば感染してしまいますが、タオルを共用したりするような間接的な接触でも感染します。また、飛沫感染も感染経路として認められており、会話や咳などによって唾液が付着することでも感染してしまいます。 口唇ヘルペスの治療は、内服薬による治療か、外用薬による治療を行います。どちらの治療もウイルスの増殖を抑制するものであるため、症状は改善させることはできても、ウイルスを除去する効果はありません。 基本的には内服薬(ゾビラックス錠・バルトレックス錠・ファムビル錠・アメナリーフ錠)による治療が第1選択となりますが、症状が軽度の場合には外用薬(ゾビラックス軟膏・アラセナ軟膏)が選択されます。 何度も再発を繰り返してしまう症例では、内服薬を1年間継続して使用する抑制療法が用いられることもあります。ただし、抑制療法を用いる場合には、耐性ウイルスの発生に常に注意しなければいけません。また、外用薬の安易な使用継続も耐性ウイルスの発生原因であるとも言われるため、注意しなければいけません。

missdesign
Posted in ヘルペス

ヘルペスについて

ヘルペスとはどんな病気? ヘルペスは水ぶくれができる感染症です ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされ、強い痛みと小さな水ぶくれのような皮疹が主症状の皮膚疾患です。 発症する部位によって名称が決まり、口唇にできれば口唇ヘルペス、性器にできれば性器ヘルペスと呼称します。初めて感染した場合では一般的に重症化することが多く、広範囲に病変が及び、場合によっては高い発熱を伴い、治療のために通院が必要となることもあります。 初感染後にウイルスが鎮静化したとしても、体内に残ったウイルスが何らかの機会に再度活性化してしまうこと(再発)が多いのも特徴的な疾患ですが、口唇ヘルペスでは通常、再発した時には軽度になることが多いものです。それとは逆に、性器ヘルペスでは再発の方が重度になってしまうことがしばしばあります。 これらの違いは、原因となっているウイルスの特徴の違いから起きるものであり、口唇ヘルペスと性器ヘルペスでは、原因となるウイルスの種類がわずかに異なっているのです。 単純ヘルペスウイルスには1型、2型があります 単純ヘルペスウイルスの中でも、上半身に感染しやすいタイプが単純ヘルペスウイルス1型、下半身に感染しやすいタイプが単純ヘルペスウイルス2型となっています。つまり、口唇ヘルペスは1型、性器ヘルペスは2型を原因とすることが多くなっているのです。 ただし、近年は上半身・下半身に関わらず、どちらのウイルスも検出されるため、一概に判断はできません。 ヘルペスウイルスに一度でも感染したことがあればウイルスは神経内部に潜伏し、何歳になっても体内に残り続けることになります。 通常の状態ではウイルスのキャリアだとしても症状が現れることはなく、何の問題も発生しません。ところが、疲れがたまって体力が落ちてしまったり、ストレスが掛かって精神的に参ってしまったり、生理などでホルモンバランスが乱れてしまったりした時に、ウイルスは顕在化して水ぶくれのような皮疹になって現れてきます。 ヘルペス感染と発症までの潜伏期間は? 発症期間は7日~14日程度となっており、その期間は強い痛みも出てしまいますが、体力の回復とともに痛みも皮膚の状態も改善していきます。 同種のウイルスである水痘帯状疱疹ウイルスを原因とする「水ぼうそう」「帯状疱疹」も、広義ではヘルペスとして考えられます。水痘帯状疱疹ウイルスは、幼少時に水ぼうそうに罹患したことがある、もしくは予防接種したことがあるだけでもキャリアとなってしまいます。 ヘルペスによって感じる痛みは、針でチクチクと刺されるような痛みや痒みが主で、特に帯状疱疹では非常に激しい痛みを伴います。 単純ヘルペスウイルスも水痘帯状疱疹ウイルスも、感染経路は接触感染が主である為、ウイルスを持つキャリアと接触すれば感染してしまいます。 もちろん、皮疹が出ている状態であればより感染しやすくなりますが、皮疹などのヘルペス症状が無い人だとしても、キャリアに接触すれば感染してしまいます。 また、直接接触しなくても、ヘルペスの症状が出ている状態の人が使用したタオルを共用したり、食事の皿から取り分けたり、間接的な接触などでも感染してしまうことが知られています。 ただし、キャリアとの接触によって感染したとしても、すべての人がヘルペスの症状を発症するわけではありません。 体力的に充実していて健康であれば、感染したとしても無症状のままで経過することも多いのです。 性器ヘルペスの場合は、感染から2日~21日の潜伏期間ののち、性器周囲の不快感などの前駆症状が起きた後、皮疹とともに痛みなどが出てきます。 口唇ヘルペスの場合には、感染から3日~7日の潜伏期間ののち、皮疹が出始めます。 ヘルペスの治療には抗ウイルス薬を使います ヘルペスの治療では、抗ウイルス薬を内服する方法と、外用として塗布する方法が用いられています。内服薬では「バルトレックス錠」「ファムビル錠」「アメナリーフ錠」が主に使用されており、外用では「アラセナ軟膏」「ゾビラックス軟膏」が主に使用されています。 これらの医薬品は症状や体質によって使い分けられますが、ウイルスの増殖を抑制する効果によって症状を改善していくため、発症後できるだけ早く治療を開始する方が悪化を防ぐことができます。 症状が軽度の場合には外用の塗布のみで改善することも多くありますが、中等度以上の状態では、内服薬を使用しなければあまり効果は期待できません。単純ヘルペスは再発しやすいものですが、口唇ヘルペス(ウイルス1型)の場合には、再発では症状が軽くなる場合が多い為、外用ですぐに改善するものが大半です。性器ヘルペス(ウイルス2型)の場合では、再発であっても重い症状となることが多いため、その場合には内服薬での治療が必要になるでしょう。 帯状疱疹、水ぼうそうもヘルペスの症状です 帯状疱疹の場合、基本的に一度発症すれば再発することは稀です。帯状疱疹では、初感染時には水ぼうそうとして発症し、その水痘帯状疱疹ウイルスが再発した際に、帯状疱疹として発現します。 水ぼうそうでは、感染からの潜伏期間はおおよそ2週間程度で、高熱と全身の水ぶくれのような皮疹を特徴とします。子供の場合には重症化することは少ないのですが、成人後に水ぼうそうに掛かってしまうと多くが重症化してしまい、高熱・痛みで苦しむことになってしまいます。 妊婦の場合には胎児に重大な障害が残る可能性も高くなるため、予めの予防接種を心掛けましょう。