記事一覧一覧

NO IMAGE

クラミジアは性器感染する

クラミジアは粘膜や体液が相手の粘膜に触れることでうつります。感染力は強いですが、空気感染などはありません。オーラルセックスによって感染が広がることが多く、性行為そのものをしなくてもかかることがあります。

NO IMAGE

クラミジアの感染率・感染経路

クラミジアは、口や尿道、膣などの粘膜の接触で感染することが多いですが、近年ではオーラルセックスによる感染も増えています。コンドームの使用で防止できるが、若年層ではコンドーム使用が少ないため、感染が拡大しがちです。特に女性は初期の症状が軽いため発覚しにくい傾向にあります。

NO IMAGE

クラミジアで尿道炎にかかると膿が出ることがある

クラミジアで尿道炎を発症すると、膿が出てくることがあります。淋病でも膿は出ますが、クラミジアで出る膿は、白くサラサラとしています。治療は抗生物質によって行われます。膿が出れば感染の発覚は容易で、治療も楽に終わることが多いです。

NO IMAGE

ジスロマックはクラミジアの特効薬である

ジスロマックはマクロライド系と呼ばれる抗生物質のひとつで、効果が高いことからクラミジアの特効薬として知られています。服用期間が短いため使いやすいです。胃腸の弱い人は下痢気味になるという副作用があるため、胃腸薬ともに処方されることが多いです。

NO IMAGE

咽頭クラミジアは風邪の症状に似ている

クラミジア咽頭炎は、オーラルセックスによって感染する性病で、女性に多いと言われています。風邪の症状に似ているため、発覚しにくく、感染が拡大する危険性があります。治療期間は2週間ほどですが、完治したかどうかを改めて検査する必要があります。

NO IMAGE

アモキシシリンは並行輸入で入手できる

アモキシシリンは多くの病気に効果のある抗生物質です。これは海外からの並行輸入で入手できます。性感染症を家族やパートナーに知られずに治すには、並行輸入でアモキシシリンを入手すると良いでしょう。用法と用量を守って、しっかり治療しましょう。