クラミジアで尿道炎にかかると膿が出ることがある

クラミジア要因の尿道炎

クラミジアに感染すると、たとえば性交時にピリッとした痛みを感じたり、女性ではおりものの量が増えたりなどの症状が出ます。男性の場合に起こりやすい症状として尿道炎があります。女性も炎症を起こすことがありますが、女性は男性と比較して尿道が極端に短いため、事例は非常に少ないと言われています。男性が尿道に炎症を起こす原因としては、淋菌とクラミジア菌の2つが考えられます。

尿を採取して検査

尿道に炎症を起こしている場合には、尿検査によって尿の中に含まれる白血球を調べて診断します。近年では淋病は減少傾向にあります。クラミジアは潜伏期間が1週間から長くて3週間と長めです。症状もゆっくりと進行していきます。そのため、尿道にかゆみを感じたり、排尿のときに痛みを感じたりしても軽いことが多いので、放置してしまいがちです。淋病は感染して1週間経つと、排尿時に激しい痛みを伴うので、発覚しやすい傾向があります。淋病は顕微鏡検査で淋菌の検出が可能ですが、クラミジア菌は非常に小さく顕微鏡では検出できないため、試薬によって検出します。

膿が出ることも

クラミジアでも淋病でも、発症者から膿が出ることがあります。淋病では黄色っぽい膿で出る量も多いですが、クラミジアは透明または乳白色をしており、量が少なくまたサラサラとしており、粘り気が少ないのが特徴です。クラミジアにかかったからといって、すべての患者に尿道炎が発症するわけではなく、また男性の2人に1人はかかっても自覚症状がないケースが多くあります。クラミジアの病原体は、治療せずに放置すると、前立腺に向かいます。クラミジアの治療では抗生物質が使われますが、病原体が前立腺や、さらに睾丸にまで達すると治療が困難になります。早めに診断を受けましょう。

抗生物質で治療

クラミジアによる尿道炎で膿が出るくらいであれば、まだ抗生物質によって簡単に治療が可能です。クラミジアは自覚症状が出にくい性病で、発覚が遅れることがありますが、膿が出てば誰でもおかしいことには気づきます。病院での検査は非常に早く結果が出ます。治療は主に抗生物質の投与です。ビブラマイシンなどのテトラサイクリン系でもクラビットなどのニューキノロン系でも治療可能ですが、手軽に安全に治療できることから、マクロライド系の抗生物質が使われることが多くあります。ジスロマックは特効薬とも言われています。1回の服用で効果が1週間程度持続するため、治療も楽に終わります。治療後は完治したかどうかを必ず検査しましょう。