クラミジアは性器感染する

性行為で感染する

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因となる性病です。一般的に相手の粘膜に感染者の粘膜や体液が接触することで感染します。感染するのは男性であれば尿道の粘膜、女性であれば子宮頸部と呼ばれる膣の奥の部分にある粘膜です。感染する力が強い細菌で、保菌者とセックスすると50%以上の確率でうつります。細菌そのものは弱い細菌で、人間の身体の外では生きていくことができません。人から離れるとすぐに死んでしまうほど弱く、トイレやお風呂などに付着した体液から感染することは非常に珍しいと言われています。とはいえ、まったくないとは言えず、感染力は高いと言えるでしょう。

うつりかたは?

クラミジアの細菌のうつりかたは、粘膜から粘膜へというのが最も多いです。人間の身体のなかで粘膜というと、性器と喉、直腸です。性行為では、性器同士で感染していきます。オーラルセックスでは性器から喉へ感染します。咽頭クラミジアは風邪の症状に似ているため、発覚しにくい病気です。咽頭クラミジアはディープキスによっても感染しますので、次々に拡大していく可能性があります。また、アナルセックスによって性器から直腸へ感染することもあります。クラミジアに感染した女性が出産をすると、新生児にもクラミジアが産道感染することがあります。目に見えない隠れた部分に住みつき、どこがどこに接触しようと感染していく厄介な病気です。ただし、空気感染や食器の使い回しなどによってうつることはありません。近年増加する傾向にあるのは、オーラルセックスの増加に伴って、性器感染だけでなく口腔感染するケースです。

性行為以外でも感染する

元々クラミジア菌が身体の中にいるというケースもあります。その場合、身に覚えがないのにクラミジアにかかってしまう可能性もあるでしょう。一般的には性病として認知されていますが、元々自分が持っていて、それをパートナーにうつしてしまい、さらにそれがまた自分に戻ってくるというケースもあります。咽頭クラミジアの保菌者である女性が、男性とキスをして、その男性がオーラルセックスをすると、女性の膣内に菌が宿るということもあるのです。特に浮気をしたなどの自覚がないのに、なぜかクラミジアに女性がかかるケースも増えています。女性の症状は男性に比較して分かりにくいですが、放置すると子宮に悪影響があります。性病はパートナー同士の精神的なダメージも伴いますが、まずは検査する勇気を持ちましょう。