ヘルペスは症状が改善した後でも、体力の低下や精神的ストレスによって免疫力が低下した時に、再発することが知られています。症状が改善したとしても体内からウイルスが完全に除去されることはなく、神経節の中に潜伏して機会があれば顕在化してきます。

この再発は、個人の体質によって高頻度で起きることもあれば、全く起きないこともあります。再発する場合には、以前に発症した部位と同じ部位に疱疹が出ます。なぜ同じ部位に疱疹が出るのか、機序や原因は不明です。

口唇ヘルペスの場合、初回の症状が最も重く、再発を繰り返すことに軽度になるとされています。年齢が高くなることで再発しにくくなっていきます。この特徴は単純ヘルペスウイルス1型に多いものです。

性器ヘルペスの場合、再発だとしても症状が重くなることもあり、痛みも強くなりやすいものです。口唇ヘルペスに比べて再発頻度も高いため、状態をコントロールすることが非常に困難です。年齢が高くなれば再発頻度は徐々に低下していき、最終的には再発しなくなります。こういった症状を特徴とするのは、単純ヘルペスウイルス2型に多いものです。

角膜ヘルペスでは、表面に出るのか深部に出るのかで、大きく状態は異なります。どちらにせよ、何度も再発を繰り返すことが知られており、治療を止めると再発する難治症例も存在します。

水ぼうそうの場合、一度発症すると同じ症状での再発はありません。水痘帯状疱疹ウイルスが再発する時には、帯状疱疹として発症します。帯状疱疹が発症する原因もその他のヘルペスと同じく、体力低下や精神的なストレスなどによって免疫力が低下した時に発症します。

帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスによる水ぼうそうの再発ではありますが、水ぼうそうとは起きる症状が異なります。潜んでいた神経節に対応する部位に疱疹が発生し、その疱疹は神経の流れに沿って発生します。知覚神経がある部分であればどこにでも発生しますが、特に頭部にある三叉神経や背中から胸・腹にかけて走っている胸髄神経節に良く発生します。帯状疱疹は一般的に、一度発症すると再発はしないとされていますが、ごくまれに再発する例もあります。