口唇ヘルペスや性器ヘルペス、角膜ヘルペスの場合、症状が軽度であれば外用での治療を行います。重症度によっては内服薬での治療を開始する必要があり、早期に改善させるためには内服薬を選択する必要があります。
ただし、角膜ヘルペスの場合には、内服は適応外使用となる例もあります。外用薬の効果は皮膚表面にのみ作用するため、免疫力が低下している場合にはウイルスの増殖を抑制する効果が弱く、改善できない場合もあるのです。外用薬を使用して7日間で症状の改善が見られない場合には、そこから内服薬などの別な治療に切り替える必要があります。
一般的に、外用薬と内服薬が同時に処方されることは保険請求上問題があるため、どちらかのみを用いて治療していきます。

帯状疱疹では内服薬での治療を行います。強い痛みを伴うことが多いため、鎮痛剤を併用することもありますが、神経を直接刺激されている痛みの為、一般的に効果が薄いものです。発熱を伴っている場合には、併用を避けるべき鎮痛剤もあるために注意しましょう。疱疹が消えた後でも、神経障害による痛み・しびれが持続する場合もあり、その場合には神経痛に対する鎮痛剤や、神経を修復する効果を持つビタミン剤を継続することもあります。

小児の水ぼうそうでは、軽度であることがほとんどであるため、あえて抗ウイルス薬を使用せずに、自然治癒を待つことが一般的です。成人の場合には重症化しやすいため、内服薬を使用していきます。

主なヘルペスの治療薬

・ゾビラックス眼軟膏(一般名:アシクロビル):角膜ヘルペスに用いられる外用薬。目に入れても問題が無いように調整されています。下瞼の内側に軟膏を塗布し、目全体に行きわたるように瞼の上からマッサージしたり、まばたきなどで外用を塗り広げます。

・ゾビラックス軟膏(一般名:アシクロビル):口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペスに用いられる外用薬。状態に応じて塗布回数を増減して用います。

・アラセナA軟膏・クリーム(一般名:ビダラビン):ゾビラックスとは作用機序が異なり、直接ウイルスのDNA合成を阻害する効果を持っています。ゾビラックス外用よりも効果的という研究報告もありますが、大きな有益性の違いはありません。単純ヘルペスだけではなく、帯状疱疹にも適応を持っています。

・ゾビラックス錠(一般名:アシクロビル):ヘルペスに作用する内服薬では、最も安価な製品となりますが、経口での吸収率が悪く1日5回の服用を必要とするため、使い勝手は悪くなっています。適応症は単純ヘルペス・帯状疱疹の双方にあります。

・バルトレックス錠・顆粒(一般名:バラシクロビル):服薬後に体内で代謝され、アシクロビルとなって効果を発揮します。ウイルスのDNA合成を阻害し、増殖を抑制する効果を発揮します。単純ヘルペス・帯状疱疹・水ぼうそうなど、すべての症状に対して適応を持っています。近年、ジェネリック医薬品も発売されました。性器ヘルペスの再発予防に適応を持つ唯一の医薬品です。

・ファムビル錠(一般名:ファムシクロビル):バルトレックスと同等の効果を持ち、単純ヘルペスと帯状疱疹に適応を持っています。

・アメナリーフ錠(一般名:アメナメビル):抗ヘルペスウイルス薬のなかで、唯一1日1回の服薬で済み、ウイルス増殖に関わるDNA合成阻害機序が異なる医薬品です。他の医薬品よりも有益性が高く、適応は帯状疱疹のみとなっています。