アモキシシリンは並行輸入で入手できる

多様な効果のある治療薬

梅毒や淋病、クラミジアなどの性病には抗生物質が効果を発揮します。抗生物質には5種類ありますが、アモキシシリンはペニシリン系のもので、細菌の外側の壁の合成を阻害して細菌の活動を抑制して感染を治す働きがあります。

アモキシシリンは梅毒の治療薬として知られていますが、そのほかに歯周病や十二指腸潰瘍、皮膚感染症にも効果があることで知られています。

ピロリ菌の感染症にも効果があります。クラミジアの一部にはリンパに感染するものがありますが、このときにはアモキシシリンで治療が可能です。アモキシシリンは日本では処方薬ですが、海外からの並行輸入で入手することが可能です。

アモキシシリンの通販方法や服用方を確認できます。

通院不要のメリット

性感染症で問題になるのが治療方法です。当然のことながら、性感染症は性交渉によって感染します。夫や妻、パートナーが感染していたときにはやむを得ない場合がありますが、そうでないとき、どこから感染したのかという問題になります。

性感染症の場合には、感染しているということは浮気をしたことが発覚してしまいます。ちょっとした遊びで関係を持ってしまい、そこから感染することは良くあることですが、そこで性感染症にかかってしまったとき、結婚している人にとっては離婚という事態にも発展しかねません。

できれば誰にも知られずに治療したいところですが、クリニックや病院に通院したら発覚する可能性があります。そこで並行輸入のアモキシシリンを利用すれば通院不要でクラミジアが治療できるのです。

通販の利用

性感染症は自分で検査できるキットが販売されています。通販で取り寄せることが可能で、郵便局留めにも対応しているので、まずは検査キットを手に入れましょう。結果はネットで確認できるので誰にも知られずに検査できますし、近年のキットは非常に優れていて、病院と同等の正確性があります。検査キットでクラミジアと判明したら、次は海外からの輸入医薬品の取り扱いのある個人輸入代理店を利用してアモキシシリンを入手しましょう。購入先は信頼できるサイトからがおすすめです。近年は育毛剤やED治療薬などの海外通販が流行していますが、なかには怪しいところもあります。入手したら、用法と用量を守って正しく服用しましょう。クラミジアは潜伏する性質があるので、再発の可能性も高い病気です。少なくとも2週間程度は服用して確実に治してください。海外から医薬品を輸入して購入するというのは、最初は抵抗があるかもしれませんが、やってみれば非常に簡単です。