オーラルセックスによって咽頭にクラミジア菌が付着する

喉に感染する性病

咽頭クラミジアは、喉の粘膜に感染する性病です。喉に性病というのは奇妙に感じるかもしれませんが、感染経路は非常に多くあり、自覚症状が出ても気づかないままというケースが多数あります。喉に感染する性感染症はクラミジアだけでなく淋病もあります。簡単なうがい検査だけで分かるので、たとえば風邪だと思っていたがなかなか治らない場合には病院やクニリックに行ってみましょう。喉に痛みがあったり扁桃腺が腫れたりしているとき、多くの人は風邪を疑うはずですが、咽頭クラミジアでは発熱はほとんど起きません。風邪ではないので、ドラッグストアの風邪薬を服用しても治りません。また、病院でも性病の検査をしてほしいと言わない限り、検査はしてくれないでしょう。他の自覚症状としては咳が出やすくなった、痰がからみやすくなったなどでも咽頭クラミジアにかかっている可能性があります。

感染経路は?

咽頭クラミジアに感染するのは、主にオーラルセックスです。クラミジアに感染している人の性器を口で愛撫したときに感染します。フェラチオ、クンニリングス、またディープキスなど口を使う性行為すべてで感染するリスクがあります。咽頭クラミジアにかかっている相手とキスしただけで感染することがあります。相手の唾液が入るようなディープキスをしたときに感染する可能性があります。クラミジアは自覚症状が弱く、かかっている本人が気がつかないことが非常に多い性病です。そのため、知らない間に蔓延していることがあります。高校生の約10%がクラミジアに感染しているという調査結果もあります。

検査したほうが良い場合

咽頭クラミジアの潜伏期間は一般に1週間から2週間です。感染してから3週間ほどして発症することもあります。ほとんどは自覚症状がありません。症状が出たとしても、喉が軽く痛いとか、扁桃腺が少し痛んだり腫れたりする程度などです。症状が出ても、それを咽頭クラミジアと自覚できることは少ないと言われています。ただ、症状が出ていなくても感染した時点で、他の人に感染させてしまう可能性があるのです。男性であれば風俗でクンニリングスをした、ディープキスをしたあと、風邪でもないのに喉が腫れてしまったなどの場合には疑いがあります。女性なら、男性の性器を口で愛撫したあと喉の調子が悪くなったり、風俗店に勤めていたり、不特定多数の人とオーラルセックスをしたりしたときに感染の危険性があります。検査は喉の粘膜を採取したり、うがいをしたりすることで実施されます。結果はすぐ分かるので、おかしいと思ったら病院に行きましょう。